ゆとりある家族的な関係で、患者様と接していきます。
HOME

奈良の薬剤師の求人、調剤薬局の事務の求人募集

モバイルサイト

白菊調剤薬局の特徴

白菊調剤薬局の経営理念の中に、会社がサービスを提供するのは「患者様とその家族」であり、また「従業員とその家族」に対してでもあると記されています。すなわち、患者様に高いレベルのサービスを継続的に提供するには従業員の働く環境(教育、ゆとり、人間関係、経済、目的)を整備しなければならないと考えているのです。

医療は究極のサービス業ですが、残念ながら患者様から見た調剤薬局はいまだ「くすりを売っているところ」というイメージがまだ拭いきれません。
よいサービスとは患者様に対しての「感謝」から始まり、コミュニケーションを通じた信頼関係を基本に成されるもので、画一的な作業や効率ばかりを追い求めている組織からは決して生まれてくるものでないと考えています。

従業員が心から患者様のために貢献したいと思う心を育てられる環境づくりこそ、白菊調剤薬局の特徴です。

ごあいさつ

株式会社リオール 重田 憲司

我が国の人口構成は、2025年までに4人に1人が65歳以上になるといわれています。また、これは同時に社会を担っていく若年層減少を意味しています。超高齢化社会の到来は患者様のニーズをより多様化、深刻化させ、また労働力不足や経済的負担の増大をもたらすであろう事が予想されます。それは医療に携わる私たちの責任や役割を高めさせる一方、業務内容やサービスのあり方など薬局経営に大きな変化を求めていくことでしょう。

白菊調剤薬局はこういった環境下、患者様からより一層の信頼を得るため、直接患者様に接するスタッフの充実、教育に力を注ぎ、同時に作業業務においては徹底した工夫をし、効率化を図っていこうと考えています。

十分なコミュニケーションをとる事により信頼関係を築き、治療に役立つ服薬指導のみならず、患者様自身が医療参加していける予防に関わる情報の提供を実行しています。またご自宅への薬の配達、服薬指導などにも取り組み、そしてジェネリック医薬品に代表されるように、患者様の経済的負担の軽減にも対応していきたいと思います。

「多くの方の信頼を得、必要とされること」、それが私達の目的でもあり使命だと考えています。

株式会社リオール 重田 憲司

基本理念

会社をとりまく社会(患者様とその家族、従業員とその家族、医療機関、地域、取引先)に対して、正しい手段で、高いレベルのサービスを継続的に提供できる組織である事。

会社概要

設立 昭和61年10月
資本金 1,000万円
代表者 顧問 重田 憲司
売上高 14億6700万円(2017年3月実績)
従業員総数 総数80名(うち薬剤師55名)
男性7名(6名) 女性73名(49名)
事業内容 保険調剤、OTC販売、在宅訪問服薬管理指導
事業所 本部事務所(大阪市)、本店(なんば)(大阪市)、川西店(川西市)
生駒店(生駒市)、学園前店(奈良市)、ハーバータウン店(大阪市)
正面玄関前店(大阪市)
営業情報 本部事務所
所在地 大阪市西区南堀江1-18-20
取扱医療機関 大野記念病院、いとう消化器クリニック、住友病院、木下皮フ科クリニック、大阪厚生年金病院、坪井眼科、山本耳鼻咽喉科、細井内科、倉病院、阪奈中央病院、東生駒病院、登美ケ丘皮膚科、福原眼科、中島クリニック、おおもりクリニック、奥井医院、ベリタス病院、市立川西病院、あしだ耳鼻咽喉科、市立池田病院、市立豊中病院、稲田医院、他450医療機関
採用実績校 東邦大学、金沢大学、静岡県立大学、北陸大学、大阪大学、大阪薬科大学、京都大学、京都薬科大学、近畿大学、神戸学院大学、神戸薬科大学、摂南大学、武庫川女子大学、広島大学、福山大学、徳島文理大学、熊本大学、第一薬科大学(地区別50音順)

沿革

1980年3月 大阪市西区南堀江に白菊調剤薬局本店(なんば)を開業
1986年3月 有限会社白菊調剤薬局を設立
1986年10月 株式会社リオールを設立
1987年6月 奈良県生駒市元町に白菊調剤薬局生駒店を開業
1998年7月 奈良市鶴舞町東に白菊薬局学園前店を開業
2003年4月 兵庫県川西市新田に白菊調剤薬局川西店を開業
2011年12月 大阪市浪速区湊町に白菊調剤薬局ハーバータウン店を開業
2014年3月 大阪市西区南堀江に白菊調剤薬局正面玄関前店を開業